8020運動

 「8020運動」ってご存知ですか?「80」は80歳、「20」は20本の歯という意味です。
 「80歳まで20本以上の自分の歯を保とう」という運動です。このスローガンが生まれる背景をちょっと見てみましょう。

【厚生労働省(厚生省)が進めて来た健康づくり対策】
  •  厚生省(現厚生労働省)は昭和53年からは「栄養」重点の、昭和63年からは「運動習慣の普及」を重点に置いた国民健康づくり対策を行って来ていました。
     第3次国民健康づくり対策として「健康日本21」が、平成12年(2000年3月)に21世紀を目前に提唱されました。
     それは(1)早世と障害を減らし、(2)健康寿命を延伸することを目的に、‘科学的根拠に基づいた健康指標’ を数値化し、目標値と設定していることが特徴的です。
  「健康日本21」の歯科目標
   「健康日本21」では次の9つの各論を述べています。
   1 栄養・食生活
   2 身体活動・運動
   3 休養・こころの健康づくり
   4 歯の健康
   5 たばこ
   6 アルコール
   7 糖尿病
   8 循環器病
   9 がん

   そのなかの 4 歯の健康 では具体的な数値目標が示されています。その一つに、

   歯の喪失防止の目標
   ・ 80歳において20歯以上歯がある人の割合を20%以上。
   ・ 60歳において24歯以上歯がある人の割合を50%以上。
         基準値: 20歯以上ある人 75~84歳 11.5%
              24歯以上ある人 55~64歳 44.1%

    という部分があり、‘「80」歳で「20」本の歯’の数字が示されています。


「8020運動」は平成元年(1989年)から 「(財)8020推進財団」は平成12年から
  •  「8020運動」は「健康日本21」が提唱される10年程前から、歯科医師会と厚生省が自治体、各種団体、企業、そして広く国民に呼びかけてきました。
     その後、「健康日本21」が提言され、同じ年、平成12年12月1日に厚生大臣の許可を得て 「(財)8020推進財団」を設立、8020運動の推進はもとより、口腔と全身との関係に関する情報の収集・提供・調査研究等の活動を行っています。

「健康日本21」の法的根拠 ――「健康増進法」
  •  「健康日本21」推進の環境整備の要請により、平成13年11月政府は「医療制度改革大綱」を策定、これを受けて、医療制度改革の一環として平成14年8月2日「健康増進法」公布、平成15年5月1日施行されました。

「(財)8020推進財団」ホームページ http://www.8020zaidan.or.jp/